服务热线:0431-85629881
免费试听
  • 看不清?点击更换
课程类别 course
学习资料 learning
联系我们 contact us
电话:
0431-85629881
地址:
长春市同志街2400号火炬大厦802
日语写作
当前位置: 主页 > 日语学习资料 > 日语写作 >
如何写好日语文章(2)
添加时间:2017-09-25 13:30
已点击

  【3】主語と述語は、できるだけ近くに置く。
  
  【3】主语和谓语要尽量靠近。
  
  主語と述語の間に、たくさんの修飾語などを入れると、意味の分かりにくい文になってしまいます。
  
  如果在主语和谓语之间加入很多修饰词的话,那么句子的意思就很难理解了。
  
  ×悪い例
  
  当時、中学生だった彼は、こけら落しの市民会館で開かれたコンサートで、ショパンの「雨だれ」を弾いた。
  
  ○よい例
  
  こけら落しの市民会館で開かれたコンサートで、当時、中学生だった彼は、ショパンの「雨だれ」を弾いた。
  
  【4】文章の書き出しは、短文のほうがよい。
  
  【4】文章的开头使用短的句子比较好。
  
  書き出しの文があまり長いと、歯切れが悪く、読み手を惹きつけることができません。できるだけ短く簡潔な方が、効果的です。
  
  如果开头的句子太长的话,会显得很不干脆利落,这样也无法引起读者的兴趣。比较短小简洁的句子更能有效的激起读者的兴趣。
  
  ×悪い例
  
  吾輩は、名前もまだなく、どこで生まれたか頓と見当がつかない猫である。
  
  ○よい例
  
  吾輩は猫である。名前はまだない。
  
  どこで生まれたか頓と見当がつかぬ。
  
  (夏目漱石『吾輩は猫である』より)
  
  【5】題名のオウム返しはタブー。
  
  【5】禁重复题目
  
  文章の書き出しに、題名と同じ言葉をもってくることは、避けたほうがよいとされます。読み手に何の意外性も与えないからです。それに同じ言葉をくりかえすスペースが無駄です。強いインパクトを与えるためには、書き出しは重要です。できるだけ題名とは異なる言葉で書き始めましょう。
  
  尽量不要在文章的开头使用和题目相同的句子。因为这样不会让读者有惊喜的感觉。而且重复相同的话简直是在浪费空间。为了能给人以强烈的冲击,开头非常的重要。还是尽量使用与题目不同的语言来开始吧。
  
  但し、【4】で引用した夏目漱石の『吾輩は猫である』だけは、例外中の例外です。
  
  但是,只有在【4】中所引用的夏目漱石的《我是猫》算是例外中的例外。 
  
  【6】修飾語は、被修飾語の近くに置く。
  
  【6】修饰词要放在被修饰词的附近。
  
  修飾語と被修飾語の関係を、常に意識しましょう。
  
  要时常意识到修饰词和被修饰词之间的关系。
  
  ×悪い例
  
  決して私は、そのような立派な人間ではありません。
  
  ○よい例
  
  私は、決してそのような立派な人間ではありません。

新世界外国语学校是长春语言培训领导品牌,13年办学经验,专注韩语、日语、培训、考级、留学,过万学员口碑见证!

文章来源:http://www.xsjwgy.com/japanese/write/551.html

咨询热线:0431-85629881

上一篇:如何写好日语文章(1)

下一篇:没有了

在线客服